2011年12月31日

和風パスタ

2008年

材料(4人分)(1)  
長ネギ 1本
(2)
お湯 3リットル
和風だしの素 16g
パスタ 200g
(3)
ごま油 適量
餃子のタネ 100g
茹で汁 適量
赤味噌 20g
トマトピューレ 60g
(4)
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
砂糖 30g
赤ワイン 100ml
(5)
ごま油 適量
しめじ 1/2パック
塩 適量
茹で汁 適量
(5) -
(6)
水菜 1/2束
一味唐辛子 適量
作り方(1)長ネギを細切りにする。

(2)お湯に和風だしの素を入れ、パスタを茹でる。

(3)フライパンにごま油をひき、餃子のタネを炒める。
パスタの茹で汁でといた赤味噌・トマトピューレを加える。

(4)さらに、みりん・しょうゆ・砂糖・赤ワインを加え、一度取り出す。

(5)フライパンにごま油をひき、(1)のネギ・しめじ・塩・パスタの茹で汁を加える。

(6)(5)に茹で上がったパスタと(4)のソースを少し加え、具材と絡める。

(7)(6)を器に盛り付けて、(4)の残りのソースをかける。
仕上げに、水菜・一味唐辛子を加える。

→完成!!


ポイント
パスタを茹でる時、塩の代わりに和風だしの素を入れると、麺自体にしっかり味がつく。
あらかじめ少しソースを絡めておくと、具材に味が付き風味とまろやかさが出る。

テレビ朝日|ウチゴハン


posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | お魚

牛肉と豆腐のしぐれ煮丼

2008年

牛肉と豆腐のしぐれ煮丼

(1)フライパンにサラダ油をひき、焼き豆腐・牛切り落とし肉・タマネギを炒め、バターを加える。

(2)ささがきのゴボウ・ししとう・おろしショウガを加え、さらに炒める。

(3)(2)に、酒・水・和風だしの素・砂糖・塩を加え、煮込む。

(4)しょうゆ・千切りのショウガ・山椒の実を加える。

(5)丼にご飯を盛り、(4)をかける。

→完成!
材料(4人分)  
(1)
サラダ油 大さじ4
焼き豆腐 1丁
牛切り落とし肉 200g
タマネギ 240g
バター 10g
(2)
ゴボウ 1/4本
ししとう 16本
おろしショウガ 大さじ2
(3)
酒 200ml
水 400ml
和風だしの素 小さじ2
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1
(4)
しょうゆ 大さじ7
千切りのショウガ 適量
山椒の実 大さじ2
(5)
ご飯 適量
※お好みで
緑茶 適量
長ネギ 適量
のり 適量
三葉 適量
今週のワンポイント(1)牛肉にバターを加えると、コクが増してジューシーになる!
(2)ししとうの苦味がアクセントとなり、牛肉・ゴボウ・豆腐の相性がさらにUP!!
(3)最後にお茶と薬味をかけてお茶漬けにしても、さっぱり食べられ、違った味を楽しめる。

ページトップへ戻る[ 印刷用ページ ]

テレビ朝日|ウチゴハン
posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | お魚

2009年08月10日

ヅケマグロの竜田揚げ丼(シェフのウチゴハン)

酒井法子逮捕“空白の6日間”不思議な夫婦関係
酒井容疑者、起訴・有罪なら解雇も…事務所社長

★★★

8/9・・ウチゴハンシェフのウチゴハンでは、ヅケマグロの竜田揚げ丼の紹介・・おいしそうです!!

マグロのヅケ汁には、味を早くしみこませるため、溶き卵を加えています

マグロのヅケ汁は しょうゆ 60g・みりん 60g・おろしニンニクとおろしショウガ 各適量

(1)【マグロの漬け汁作り】
ボウルに、しょうゆ・みりん・おろしニンニク・おろしショウガ・卵を加え、混ぜる。

(2)(1)のづけダレにマグロをくぐらせる。

※残ったマグロのづけダレは、【タレ作り】で使う。

(3)(2)のづけマグロに片栗粉を全体にまぶす。

(4)低温の油で、(3)のマグロを揚げる。

(5)【タレ作り】
フライパンにサラダ油をひき、千切りのタマネギ1/2個分を軽く炒める。さらに、(2)の残ったづけダレを加え、煮込む。

(6)器に、ご飯を盛り、(4)の揚がったマグロを敷いたら、(5)のタレをかける。仕上げに、刻んだセロリを添える。

→完成!!

アサリの簡単グラタン(シェフのウチゴハン)
洋風マーボー豆腐(ウチゴハン・
白菜そうめん★ウチゴハン・シェフのアレンジご飯
豚茄子丼(シェフのウチゴハン)

★★★

志田未来が小公女セイラ
aiko、初のNHK朝ドラ主題歌を担当
連ドラ、夏の陣はどうなる?
沢村一樹“浅見光彦”で連ドラ初主演
江口洋介、バイク事故から復帰 「救命病棟24時」制作発表
<ドラマ視聴率>「こち亀」初回視聴率12.2% 「オトメン」は9.6%
嵐」全員経験!相葉雅紀が連ドラ初主演
実写版『サザエさん』、“4代目”観月ありさ主演で13年ぶりに放送

★★★
posted by ぴかまま at 06:24 | Comment(0) | お魚

2008年09月12日

かつおの韓国風サラダ・ぶりのカレーソテー・缶詰サンマの卵とじ丼(NHKきょうの料理)

9/11(木)のNHKきょうの料理は・・本田京子さんの指導により

頭の健康を維持するお料理・・・

脳の活性化のために・・お魚を!!魚の脂DHAIPA)が脳に行く血流をよくしたり、シナプスの元の成分になっている。

魚の脂DHAIPA)は青魚に多く含まれています

魚の脂DHAIPA)は酸化されやすいという欠点があるので、抗酸化物質が含まれている野菜全般と一緒に食べるようにすることが良いそうです。

魚50g+野菜100gを目安にするとよいそうです。

かつおの韓国風刺身サラダ

らくらく調理、火を使わない^^

1. かつお(刺身用) 1/2節(150g)は7〜8mm厚さに切り、合わせた【ねぎ(小口切り) 大さじ3・にんにく(すりおろす) 小さじ1/2・すりごま(白)・しょうゆ 各大さじ2・ごま油 小さじ2・コチュジャン 小さじ1】をからめて5分間おく。

2. 大根130g、きゅうり1/2本(50g)、にんじん(小)1/6本(20g)はそれぞれ皮むき器を使って5cm長さに削り(野菜は包丁で縦に数本切り目を入れてから、皮むき器を使うと簡単に切れる。)、冷水につけて水けをきる。

3. 2の野菜を器に盛り、1をのせる。

ゴマはすることで栄養がとれる状態になるのだとか

かつおの韓国風刺身サラダ|みんなのきょうの料理-料理レシピや献立など使える6000レシピ集、おいしい食卓コミュニティ

かつおを使ってあれこれ

★★★

ぶりのカレーソテー・焼き野菜添え

らくらく調理、フライパンひとつで!!

@ぶりに塩、こしょうをふって、小麦粉大さじ1、カレー粉小さじ1/2をあわせたものをまぶす

ぶりを焼きながら、野菜(たまねぎ、グリーンアスパラガス、トマト)を焼いていく

★★★

缶詰サンマの卵とじ丼

だしカップ1、酒・しょうゆ・みりん各大さじ1/2で、切り干し大根20g、にんじん20gを煮ていく。

小松菜2株60グラムと、ねぎ1/2本40グラムを加えて5分くらい煮る

さんまの蒲焼の缶詰1缶を缶汁ごと入れる。

溶き卵2個分を流しいれる。

粉山椒を振って・・

さんまを使ってあれこれ

★★★
posted by ぴかまま at 03:54 | Comment(0) | お魚

2008年08月21日

「万能“酢ゼリー”で食欲アップ」★きょうの料理プラス

かつおの琥珀(こはく)酢ゼリーサラダ  エネルギー:150kcal 調理時間:20分(琥珀酢ゼリーを固める時間は除く)

(つくりやすい分量)
・かつお(刺身用) 300g
----------
【A】
・だし カップ1
・酢 大さじ4
・しょうゆ 大さじ4強
・酒・みりん 各大さじ1/2
・砂糖 大さじ2
----------
【B】
・粉ゼラチン 10g
・だし 大さじ2
----------
・大根 1/4本(200g)
・貝割れ菜 1パック
・青じそ 5枚
・たまねぎ 1/2コ(100g)

1. Aのだしを小鍋に入れてひと煮立ちさせ、残りの調味料を加える。Bは合わせて、ゼラチンをふやかしておく。

2. AにBを加えて中火にかけて煮溶かし、火を止める。粗熱が取れたら平たい容器に流し入れて、冷蔵庫で1時間半以上冷やし固める。

3. 大根は5cm強の長さの細切りにする。貝割れ菜は、根元を落として2〜3等分に切る。青じそは横2〜3mm幅に切る。たまねぎは縦に四つ割りにし、繊維を断つように薄切りにする。

4. かつおを1cm厚さに切る。

5. 器に野菜とかつおを盛り、2の琥珀酢ゼリーをフォークでほぐし、たっぷりとかける。


【琥珀酢ゼリーの活用法】
●唐揚げサラダ
揚げた唐揚げをペーパータオルの上に置き、粗熱を取る。唐揚げの上に輪切りにしたねぎや、お好みの野菜をのせ、琥珀酢ゼリーをのせる。

●酢の物
ゆでだこは酢洗い、きゅうりは塩もみをする。水に戻したわかめと合わせ、琥珀酢ゼリーをのせる。

くらしのパートナー:きょうの料理プラス
posted by ぴかまま at 08:22 | Comment(0) | お魚

梅肉かじきの香味野菜添え★きょうの料理プラス

梅肉かじきの香味野菜添えきょうの料理プラス

(2人分)
かじき(解凍。切り身) 2切れ
・塩 少々
・梅干し 3コ
・酒 大さじ1
・みつば 1/2袋(25g)
・みょうが 2コ
・青じそ 6枚
・ポン酢しょうゆ 大さじ2

1. かじきは両面に塩少々をふって5分間くらいおき、紙タオルで水けをよくふき取る。梅干しは種を取って包丁でたたく。

2. みつばは3〜4cm長さに切り、みょうがは縦半分に切って斜め薄切りに、青じそは中央の筋を取ってせん切りにする。氷水に約5分間さらして、サラダスピナーなどで水けをよくきる。

3. 耐熱皿にかじきを並べ、片面に1の梅肉をぬり、酒大さじ1をふる。ふんわりとラップをして、電子レンジ(600W)に2分30秒〜3分間かける。そのまま1〜2分間おいて余熱で火を通す。

4. 3を器に盛り、2の香味野菜をポン酢しょうゆであえて添える。

※電子レンジの時間は目安です。あじの大きさ、電子レンジの種類によっても異なることがございますので確認しながら行ってください。
くらしのパートナー:きょうの料理プラス

あじのピリ辛レンジ蒸し★きょうの料理
posted by ぴかまま at 08:19 | Comment(0) | お魚
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。