2008年11月19日

「囲んであったか ゆずこしょう鍋」(NHKきょうの料理プラス)

11/7・・鍋の日

「囲んであったか ゆずこしょう鍋
料理研究家・多賀正子さん
エネルギー:560kcal 調理時間:50分(昆布を水に浸しておく時間は除く)

(4人分)
・鶏もも肉(骨付き。ブツ切り) 800g
・大根 1/2本
・絹ごし豆腐 1丁
・水菜 2ワ
・昆布 (20cm長さ)1枚
・顆粒チキンスープの素(中国風) 大さじ1
・柚子こしょう 大さじ2
・ご飯(温かいもの) 茶わん2杯分
・溶き卵 1コ分
・細ねぎ 1/2ワ(小口切り)
(酒・しょうゆ・砂糖・塩)


●下ごしらえ
1. 土鍋に水1.8Lを入れ、昆布を入れて30分間ほど浸しておく。

2. 鶏肉は洗って水けをふき取る。大根は皮をむいて2cm厚さの輪切りにし、面取りをして半月形に切る。絹ごし豆腐は軽く表面の水けを取り、縦半分に切って6等分に切る。水菜は根元を除き、5cm長さに切って器に盛る。

3. 1に鶏肉、大根、酒カップ1/2を加えて火にかける。沸騰したらすぐに昆布を取り出し、アクをていねいにすくう。弱火にしてふたをし、大根に、はしがスッと通るくらい柔らかくなるまで30分間ほど煮る。

4. チキンスープの素、柚子こしょう、しょうゆ大さじ1、砂糖一つまみを加え、味をみて塩少々で調える。取り出した昆布は繊維に沿って1cm幅に裂き、それぞれ1回結んで土鍋に戻し入れ、豆腐も加えて温まるまで煮る。

●煮方・食べ方
5. 土鍋を卓上で火にかけ、水菜を食べる分ずつ入れ、しゃぶしゃぶ程度にサッと煮て食べる。土鍋の中の具はすぐに食べられる。好みでさらに柚子こしょう適宜を加えながら食べてもよい。

6. 具をほとんど食べ終えたら土鍋にご飯を加え、好みの堅さになるまで煮る。溶き卵を回し入れ、半熟になったら器にとり、細ねぎをたっぷりのせて食べる。

多賀さん流 柚子こしょう  

(つくりやすい分量)
・柚子 2コ
・とうがらし 20本
・塩 大さじ1+1/2
・焼酎 大さじ1弱


1. 柚子は皮をむく。とうがらしはヘタをとり、切れ目を入れて種を取り除き、適当な大きさに切る。

2. 1と塩、焼酎をミキサーに入れて、なめらかになるまで回す(ミキサーが回りにくくなったら、焼酎適量を加える)。

3. 密閉できる保存瓶に入れて、冷蔵庫で保存する。

くらしのパートナー:きょうの料理プラス

★★★物色々・・★★★

豆腐チゲ(チューボーですよ)
ピリ辛にんにくラーメン鍋(NHKきょうの料理)
ぶりと帆立ての沖すき(NHKきょうの料理)
豆腐だんごのとろろ鍋&里芋だんごと鶏つくね鍋
ひとり鍋、きりたんぽ鍋、キムチ鍋
カレー鍋って何??

「トマト」と「豆乳」 鍋スープの素2種発売

★★★

1. 料理いろいろ http://www.hinode-mirin.co.jp/menu/nabe/nabe.html

2. 料理 - Wikipedia

3. 大図鑑:@nifty http://season.nifty.com/winter/nabe/

4. 日本の料理/TOP http://www.shufu2.jp/season/nabe/
5. 全国マップ http://www.kibun.co.jp/enter/nabe/index.html


posted by ぴかまま at 05:33 | Comment(0) | 鍋物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。