2008年09月29日

秋野菜とイカの彩り炒め(ウチゴハン)

9/28の「ウチゴハン」・・ゲストは、NHK大河ドラマ『篤姫』に出演中の松田翔太さん

松田翔太さんは一人暮らしですが
料理もするそうで、最近の得意料理は、うにクリームパスタ・・・江角マキコさん直伝だとか・・。江角マキコさんの温野菜をたくさん食べたほうがいいなどのアドバイスで8キロも体重が減ったとか・・。

松田翔太さんの好きな女性のタイプは??・・「タイプは・・??その人らしければ・・」

松田翔太さんは、最近カートにはまっているとか。60〜70キロでるカーとは乗っていると次のカーブ」にことしか考えられない状態になるので、すべて忘れられてリフレッシュできるそう。

松田翔太さんの思い出のウチゴハンは・・「3色弁当・・卵とひき肉と・・緑色にもの・・」

シェフのウチゴハンは「豚茄子丼」(豚バラ肉・茄子・豆腐)


秋野菜とイカの彩り炒めウチゴハン

(1)イカ(スルメイカ) 1杯の表面に格子状に切れ目を入れ、一口大に切り、塩少々・酒大さじ1 で下味をつける

(2)フライパンにバター 20g を熱し、イカを入れ、おろしショウガ小さじ1 ・おろしニンニク 小さじ1/2・しょうゆ 大さじ1/2 で味付けをし、一旦、取り出す

(3)フライパンにサラダ油をひき、さつまいも 1本・里芋 4個・ごぼう 100g ・ブロッコリー 160g・ナス1本を炒め、塩をふり、さつまいもが黄色くなったらパプリカ(赤・黄) 各1/2個を入れる

(4)(3)にお湯100ml ・コンソメ(顆粒) 小さじ1/2・みじん切りネギ 大さじ1 ・みじん切りショウガ 大さじ1・塩・ししとう5本を加え、
ふたをして蒸し煮にし、野菜に火が通ったら(2)のイカを鍋に戻す。

(5)【ソース】イカの塩辛70gを細かくたたく

(6)【ソース】鍋に(5)の塩辛、おろしニンニク 大さじ1 ・オリーブオイル 30mlを入れ、火にかけながら混ぜる

(7)(4)を皿に盛り付け、(6)のソースをかける

→完成!

今週のワンポイント

(1)イカの表面に切れ目を入れておくと、丸まらず味もからみやすくなる
(2)野菜を炒めてから、蒸し焼きにすることで消化・吸収によくなる
(3)ソースは、イカの塩辛の代わりに酒盗(カツオの塩辛)やアンチョビでも美味しくできる

テレビ朝日|ウチゴハン

ぐっさんパパの今日のお話はさつまいもについて

さつまいもが日本で食べられるようになったのは・・江戸時代、江戸で繁盛したのは焼き芋やさん・・1798年、サツマイモだけのレシピ本ができました。(甘諸百珍・・137品)・・その中でも、絶品とされたのは、塩水でつけたさつまいもを潮で包んで炭で焼いた、塩蒸し焼き芋。・・食べた感想は・・「普通に焼き芋!!」


posted by ぴかまま at 05:38 | Comment(0) | 野菜炒め
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。