2008年07月24日

土用丑の日・・うなぎの柳川風

岩手で震度6強の強い地震 青森6弱、宮城5強 けが数十人、落石、火災

◆今日7/24は・・・

土用の丑の日」・・・

中国産離れ、国産ウナギ高騰 土用丑の日 食卓直撃
<ウナギ>土用丑の日控え出荷最盛期 高値でも人気 静岡

鰻・ウナギ・うなぎの美味しい食べ方
土用丑の日・・うなぎのとろろかけうどん(シェフのウチゴハン)
土用丑の日・・きんぴらごぼうとうなぎのどんぶり&うなぎと焼き野菜のにらソースがけ


★★★

土用丑の日・・うなぎ・鰻・ウナギの柳川風恵美子のおしゃべりクッキング

ポイント;水に蒲焼きのタレを加えコクを出す。煮る時間は5分。溶き卵を加えたら蓋をし蒸らし、半熟に仕上げる。4人分

@ウナギの蒲焼き2匹 は3cm幅に切り、豆腐1丁(330g) は一口大に切る。

A ゴボウ1本 は斜め2mm幅に切り、水にサッとつけてアクを抜き、水気をきる。

青ネギ6本は5cm長さに切り、緑と白の部分に分ける。

新ショウガ40g は太めのせん切りにする。

B 鍋に煮汁Aの水 3カップ 蒲焼きのタレ 3/4カップ を合わせ、ウナギ、ゴボウ、豆腐、青ネギの白い部分、新ショウガを入れ、中火で5分煮る。

C Bに青ネギの緑の部分を加え、溶き卵3個を加えて火を止め、蓋をして蒸らす。器に取り分け、粉山椒を添える。

本当に豆腐がウナギ(の味)になってますね。煮汁の味を吸い込むものをいろいろ入れると、全部ウナギの味に変身しますよ。ゴボウも最高においしい。汁のしみたご飯は、おいしいですよね。蒲焼きのタレで作れるから経済的ですよ。

朝日放送|上沼恵美子のおしゃべりクッキング レシピ|


森野熊八さんの今すぐ使える8つのポイント(牛肉の野菜巻き、野菜の揚げびたし)

[だしの作り方]水カップ5・1/2に削り節(かつお)8g、昆布1枚(10センチ×15センチ)をいれて、時間があれば10,15分つけておき、火にかける。沸騰してから3.4分煮る。だしこしで漉す・
干ししいたけのつや煮&切り干し大根と昆布の煮物



posted by ぴかまま at 06:07 | Comment(0) | 鰻・ウナギ・うなぎ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。